Hobby place   るーく


◇カテゴリー◇


・イベント


<大会記録>

・2017年 9月17日

・2017年 8月26日

・2017年 7月30日

・2017年 6月11日

・2017年 5月21日

・2017年 4月16日

・2017年 3月12日

・2017年 2月12日

・2017年 1月15日

・2016年12月25日

・2016年11月27日

・2016年10月23日

・2016年 9月18日

・2016年 8月21日

・2016年 7月17日

・2016年 6月12日

・2016年 5月22日

・2016年 4月17日

・2016年 3月13日

・2016年 2月14日

・2016年 1月17日

・2015年12月27日

・2015年11月29日

・2015年11月 8日

・2015年10月11日

・2015年 9月13日

・2015年 8月 9日

・2015年 7月12日

・2015年 6月14日

・2015年 5月10日

・2015年 4月12日

・2015年 3月15日

・2015年 2月15日

・2015年 1月11日

・2014年12月28日

・2014年11月 9日

・2014年10月26日

・2014年 9月14日

・2014年 8月17日

・2014年 7月20日

・2014年 6月15日

・2014年 5月11日

・2014年 4月13日

・2014年 3月30日

・2014年 2月23日

・2014年 1月12日

・2013年12月29日

・2013年12月 8日

・2013年11月10日

・2013年10月20日

・2013年 9月22日

・2013年 8月18日

・2013年 7月21日

・2013年 6月30日

・2013年 5月26日

・2013年 5月 5日

・2013年 4月29日

・2013年 3月24日

・2013年  2月24日

・2013年  1月27日

・2012年12月30日

・2012年11月25日

・2012年10月28日


大会記録



◆5月26日(日)開催 "るーく ミニ四駆大会"結果発表◆



 てんちょ 伊藤です。

 ひと月で2回大会を行うのは”るーく 初”となり、正直しんどかったですが(汗)、
参加者の皆様のご助力によって無事に行うことが出来ました。ありがとうございます。


 さて今回のコースの見所は、レーンチェンジを使用したバンク(坂)です。
白いレーンは写真うつりも良く、映えますね (^^ )

ご覧のとおりの高さになっていて、登りきるにはトルクが必要なのはもちろんですが、
下りでスピードを出し過ぎると、レーンチェンジでコースアウトしてしまう危険が ”大”
となっています。




 ◇ 勝利者インタビュー 内容 ◇
   @ ・・・シャーシ        A ・・・モーター
   B ・・・アピールポイント   C ・・・コースの感想
   (て)・・・てんちょのコメント

< Winner >
コヤマ 選手

 @ スーパーFM シャーシ

 A トルクチューンモーター

 B ブレーキの調節が難しかったです。
   2連のドラゴンバックをクリアする為
   にブレーキを調整すると、バンクが
   登れなくなってしまうので微妙な
   調整をしました。

 C バンクでスピードが落ちて
   大変でした。


 (て) 出場ごとに順位を上げ、今回
   見事に優勝を果たしたコヤマ選手。

   直進、コーナリングでの安定性は
   モチロンのこと、2連ドラゴンバックで
   も動じない着地安定性まで備えた

   マシンに仕上がっていました。

優勝マシン
< 2nd >
ヤスダ 選手

 @ VS シャーシ

 A トルクチューンモーター

 B ローラーのダウンフォース角を
   きつめに付け、小径タイヤで車高を 
   落として、とにかくコースアウトを

   しないように調整しました。

 C 前回、1回も完走できなかったのが
   悔しくて、「ぜったい完走させてやる」
   と意気込んで参加しました。

    今回はループが無かったので、
   急遽ブレーキを取り付けて調整を
   しました。

 (て) サイドマスダンパーや、リヤステー
   の取り付け方に工夫がなされていた
   ヤスダ選手のマシン。
   レースを重ねるごとに安定性を
   上げ、決勝レース進出、準優勝
   となりました。
準優勝マシン
< 3rd >
タンジ 選手

 @ XX シャーシ

 A トルクチューンモーター

 B とくに無いですが、あえて言うなら
   このデカールですw

 C 2連のドラゴンバックがちょっと
   きつかったです。あそこでブレーキの
   調整をすると、坂が大変になって
   しまうので、かかり過ぎないように
   注意しました。


 (て) 大径タイヤならではのスピードで
   コースを走り抜け、その勢いを生かし
   てバンクを駆け上がっていました。

   全体の色のイメージと、デカールの
   バランスが素晴らしいです。
 
3位マシン


  選手の皆様、お疲れ様でした。

  じゃんけん大会を盛り上げていただきました皆様、ありがとうございました。

  コースマーシャルをお手伝いいただいた選手の皆様、本当にありがとうございました。